旧伊藤伝右衛門邸の座敷雛・福岡【いいづか雛まつり】

国内国内こんにちは、モカリーナです。

福岡県飯塚市「いいづか雛(ひいな)のまつり」は全会場で約10000体のお人形を飾っています。

2月23日に17会場のうち、旧伊藤邸、麻生大浦荘、千鳥屋本家、商店街の4会場をめぐりました。

今回は「いいづか雛のまつり」のメイン会場となっている旧伊藤伝右衛門邸の座敷雛の紹介です。

f:id:mocharina09:20190223225633j:image

いいづか雛(ひいな)のまつり 

開催期間は2019年02月02日~2019年03月26日。

全17会場(地区)約10,000体の雛を飾っています。

旧伊藤伝右衛門邸の座敷雛
 

開催期間:平成31年2月2日(土)~3月26日(火)
9:30~17:00(入館 16:30まで)
入館料大人300円、小中学校100円

※駐車場300円

今年の座敷雛のテーマは「平安の夢」。

20畳の本座敷には日本一の規模を誇る座敷雛を飾っています。

1000点以上の人形と道具により、源氏物語の様々な場面を再現しています。

旧伊藤伝右衛門邸

九州の炭鉱王「伊藤伝右衛門」が暮らした大邸宅。

明治天皇の姪・歌人柳原白蓮が伝右衛門の妻として10年暮らした事でも有名です。

f:id:mocharina09:20190223230339j:image

邸宅

敷地面積約2300坪という敷地に、部屋数25という広大な家屋。

f:id:mocharina09:20190223230715j:image

池泉庭園  

シュロの木で出来た8角形の四阿(あづまや)や、

石で作られた太鼓橋がある。

f:id:mocharina09:20190223230727j:image

平安の夢「雛で描く源氏物語」
 

源氏物語の名場面を人形たちが再現しています。

蒼海波を舞う光源氏の巻きや葵祭りの車争いの巻、光源氏の四季の御殿の巻(竜頭鷁首の船遊びや胡蝶の舞など)。

約1300体のお人形が展示されています。

座敷雛

f:id:mocharina09:20190223230014j:image

このお人形の中に光源氏がいます。

向かって中央より右側です。

光源氏

f:id:mocharina09:20190223230030j:image

真ん中の白馬に乗っている柿色のお人形さんが、光源氏です。

色々な雛人形
 

古今雛

f:id:mocharina09:20190223231051j:image

江戸時代の雛人形

f:id:mocharina09:20190223231110j:image

明治天皇雛

f:id:mocharina09:20190223231130j:image

松鶴殿

f:id:mocharina09:20190223231158j:image

福寿殿

f:id:mocharina09:20190223231219j:image

その他の雛人形

f:id:mocharina09:20190223231242j:image

f:id:mocharina09:20190223231305j:image

f:id:mocharina09:20190223231329j:image

f:id:mocharina09:20190223231348j:image

f:id:mocharina09:20190226223736j:image

貝合わせ

<実物大>

f:id:mocharina09:20190223231744j:image

<雛道具>

f:id:mocharina09:20190223231949j:image

つるし飾り・さげもん

f:id:mocharina09:20190223232832j:image

くろちくのつるし飾り(京都)

f:id:mocharina09:20190223232809j:image

筑後鞠のつるし飾り…鞠は7本の紐に7個で計49個、

中央には2個以上つるされています。

合計51個以上。

これは「人生50年」それ以上生きようという願いが込められたもので、

鞠は50個より1つでも多くつるされました。

f:id:mocharina09:20190223232915j:image

すが糸の鞠…すが糸(絹糸)と呼ばれるような細い絹を細くした糸で作り上げ、

色を多彩に使い幾何学的な美しい模様て作られた鞠。

f:id:mocharina09:20190226235008j:image

f:id:mocharina09:20190223232934j:image

f:id:mocharina09:20190223232948j:image  

旧伊藤伝右衛門邸では、お部屋のあちこちに雛人形が飾られていました。

またひな祭りの期間を過ぎても、様々な芸術的な技法を取り入れた豪邸は見所が満載です。

2階や座敷雛の飾られている本座敷からながめる庭園は、とても美しいです。

炭鉱王といわれた伊藤伝右衛門と妻の燁子の生涯を綴ったコーナーもあり、

年の差が25歳もある夫婦の波乱万丈な恋物語はとても興味深いものでした。

mochatabi.com

mochatabi.com

mochatabi.com

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

モカリーナより♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。